西岡 全力ダッシュも「まだ違和感」、守備では併殺も

[ 2011年5月31日 09:42 ]

マイナーの練習試合で、併殺を狙い遊撃手にトスをするツインズ・西岡

 左すねの腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、ツインズの西岡が30日、フロリダ州リーカウンティで行われたマイナーの練習試合に「1番・二塁」で出場し、3打数無安打だった。

 第1打席は遊ゴロだったが、一塁まで全力疾走を見せた。その後は投ゴロと空振り三振に倒れた。守備ではゴロを処理し、併殺も完成させた。5回で退いた。

 4月7日以来の実戦復帰となった28日の練習試合に比べ、動きは良かった。走塁について「今の状態を試合の中で確かめたかった。まだ違和感があった」と話した。

 31日は練習試合には出場せず、球団施設でリハビリと練習を行う予定。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース