Vにも厳しい江藤監督「まだ物足りない」

[ 2011年5月31日 06:00 ]

<早大・慶大>慶大・江藤監督(右)と伊藤主将が握手する

東京六大学野球最終週最終日 慶大4-3早大

(5月30日 神宮)
 昨春の優勝とはひと味違う格別な味だった。試合後の優勝インタビュー。時折、声を詰まらせながらも慶大・江藤監督の言葉は厳しかった。「よくやったと言いたいですけどまだ物足りない。もうちょっと絞りますよ」。就任2年目。手応えを感じているからこその言葉だ。

 昨年チームから竹内大、福谷の主軸2投手が残り、優勝候補の筆頭に挙げられていた。「去年は勢いで勝ったけど、こういうマークされる中でいかに戦うか」。そのためチーム内に厳しい競争原理を導入した。「レギュラーは伊藤だけ。みんなにチャンスがあるよ」。結果が出ない選手は序盤で交代を命じるなどして競争をあおった。その結果、打撃10傑に伊藤1人しかいないにもかかわらずチーム力は底上げされた。「このチームは秋にはもっと伸びるよ」と指揮官は楽しげに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース