好投もプロ初黒星…福井「案外すんなり負けるんだなと思った」

[ 2011年5月31日 21:57 ]

6回楽天無死、松井稼(奥)に先制ソロを打たれた広島・福井

交流戦 広島0―1楽天

(5月31日 Kスタ宮城)
 広島の新人、福井は7回1失点と好投したが、味方打線が無得点に抑えられてプロ初黒星を喫した。「勝ちたかった。案外すんなり負けるんだなと思った」と淡々と話した。

 この日が6試合目で初めての敵地での登板だったが、序盤から集中していた。直球とフォークボールがさえ、自己最多の114球で8三振を奪った。唯一の失投は6回。松井稼への初球が真ん中に甘く入り、右翼席に運ばれた。「簡単に取りにいってしまった」と悔やんだ。

 2勝目を挙げて以降、白星が遠い。「この負けを機に勝てる投手になりたい」と決意を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース