イチロー12打席ぶり出た!指揮官ホッ「ああいうのを見たかった」

[ 2011年5月31日 09:01 ]

オリオールズ戦で、戦没将兵記念日の特別仕様の帽子をかぶりプレーするマリナーズのイチロー

マリナーズ4-3オリオールズ

 マリナーズのイチロー外野手は30日、シアトルで行われたオリオールズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数2安打だった。内容は右前打、投手強襲安打、二ゴロ、中飛で打率は2割7分6厘。チームは4―3で勝った。

 イチローは初回、内角低め速球を捉え、一、二塁間を球足の速いゴロで抜いての右前打。12打席ぶりの快音で元気を取り戻したか、3回は初球を打ち、痛烈な打球が相手投手を直撃。内野安打となった。マルチ安打は23日のツインズ戦以来、6試合ぶり。盗塁を決め、先制点など2得点を記録した。

 リードオフマンらしい働きぶりに、ウェッジ監督は「あの2本が大きかった」。さらにあれがわれわれの知っているイチロー。ああいうのを見たかった」とホッとした様子だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月31日のニュース