横浜 どん底なのにテコ入れできない…

[ 2008年6月6日 06:00 ]

 シーズン100敗ペースのどん底から抜け出せないチーム状況で、横浜の大矢監督が投手陣のコマ不足に頭を抱えた。三浦が右肩の張りのため4日に登録抹消。工藤は左ひじ周辺の炎症、救援の木塚も右肩痛で復帰メドが立っていない。ベイスターズ球場で投手陣の練習を見守った指揮官は「下から先発で上げる選手はいない」と厳しい表情。補強も進まず一度、中継ぎに降格させた小林、佐藤の両ルーキーを再び先発で起用する方針。「若手はチャンスだからプラス思考で頑張ってほしい」と奮起を促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース