警備の責任負えず…五輪代表が宿舎を変更

[ 2008年6月6日 14:23 ]

 野球日本代表が北京五輪期間中に宿泊する予定だったホテルが、警備上の問題で使用できなくなったことが6日、明らかになった。

 日本代表はチームを支えるスタッフが多いため、選手村には入らず、五輪会場に近いホテルを2年前から予約していた。
 関係者によると、このホテルから警備上の責任が負えないとの説明を受け、キャンセルを余儀なくされたという。安全な警備が見込める北京中心部のホテルに宿舎を変更することで調整がついた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース