広島“地の利”で交流戦Vに照準

[ 2008年6月6日 06:00 ]

 広島が交流戦Vへ、地元でチャージをかける。目下7勝5敗で交流戦4位タイ。残り6カードのうち4カードが本拠地と“地の利”を最大限に生かす。特に広島市民球場では今季12勝4敗の好成績。昨年は交流戦最下位だったが「今年はミーティングの時間を短縮した。去年は多くの情報を与え、混乱させた部分があった」とブラウン監督。シンプル・イズ・ベスト。指揮官は本気で交流戦Vを狙っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース