井口 代打で初犠打!連敗ストップ

[ 2008年6月6日 06:00 ]

パドレス戦で左飛に倒れるカブス・福留。この試合無安打でチームの連勝も9で止まった

 【パドレス2-1カブス】パドレスの井口が同点の7回無死二塁で代打出場し、今季初犠打を決めた。無死一塁で1度はマダックスが打席に立ったが、ボークで走者が二進し急きょ起用された。「えーっという感じ。特にマダックスが良かったですから」と2球目をきっちり一塁前へ。得点にはつながらなかったが、チームは連敗を3で止め「1点差勝ちは非常にでかいですね」と浮上への手応えをつかんでいた。

 <福留 マダックスの前に無安打も余裕>カブスの福留はマダックスの前に3打数無安打に終わり、チームの連勝も9で止まった。ただ当たり自体は悪くなく「全部完全にとらえた当たり。それが正面に飛んだのだから仕方がない」と納得した様子。連勝ストップにも「全部の試合に勝てるわけはないし、気持ちを切り替えてやるしかないですね」と首位の余裕をにじませ、渡米中の家族と次の遠征地ロサンゼルスへ向かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース