福留が決めた!斎藤から決勝の適時打

[ 2008年6月6日 14:45 ]

2回に先制の4号ソロを放ち、ナインに祝福されるカブス・福留

 米大リーグ、カブスの福留孝介外野手は5日、ロサンゼルスで行われたドジャース戦に「5番・右翼」で先発出場。2回の第1打席では右中間へ先制4号ソロ。さらに4-4で迎えた9回1死一、二塁の場面では、ドジャースの守護神・斎藤から決勝の右前タイムリーを放った。試合はカブスが5-4で勝った。福留はこの日、4打数2安打2打点。打率を3割5厘に上げた。

 ドジャースの斎藤は9回の1回を投げ、2安打1失点。今季2敗目を喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース