虎 64年日本シリーズのリベンジだ

[ 2008年6月6日 06:00 ]

 “南海ホークス”にリベンジだ。ソフトバンクが復刻版ユニホームを着用し、舞台に南海最後の日本一に輝いた甲子園を選んだことで、阪神ナインは64年10月10日の日本シリーズ第7戦、村山がスタンカに投げ負けた関西対決の雪辱を誓った。「勝てるように頑張ります」と赤星選手会長。大阪出身の矢野も「父親が大の南海ファンだったから。勝ちたいね」と意気込んでいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース