星野ジャパン候補に吉見、G・Gら追加

[ 2008年6月6日 21:04 ]

 野球日本代表の星野仙一監督は6日、東京都内でスタッフ会議を開き、北京五輪の第1次候補選手に吉見一起(中日)渡辺亮(阪神)帆足和幸(西武)の3投手と、G・G・佐藤外野手(西武)を追加すると発表した。1次候補は合計81人になった。

 星野監督が「故障者が出て、まだ復帰してこない選手がいるから」と説明した通り、有力選手に故障や不振が目立つため、急成長している選手も着目することにした。
 また、星野監督と3人のコーチは、北京五輪に出場するキューバとオランダが参加するハーレム・ベースボール・ウイーク(オランダ)を7月6日から13日まで視察することになった。

 ▼西武・帆足投手の話 代表とは縁のないものと思っていたので、ピンとこないのですが、大変光栄に思います。最後まで残り、全力で頑張りたいと思います。

 ▼西武・G・G・佐藤外野手の話 想像してなかったことで正直、驚きが強い。うれしいと同時に光栄に思います。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース