岡島 無失点投球も岩村に脱帽

[ 2008年6月6日 06:00 ]

 【レッドソックス5-1レイズ】レッドソックスの岡島が、チームの11日ぶり首位奪回に貢献した。8回から登板し、岩村に右前打を許すも1回1安打無失点。2/3イニング4失点で今季初黒星を喫した2日オリオールズ戦の悪夢を振り払った。試合後は落ち着いた表情。メジャー公式戦初対決となった岩村には「調子のいい打者なので、うまく見逃さずに持っていかれた」と脱帽したが、2三振を奪う内容に「コーナーをうまく突けた」と納得の表情を見せた。

 ≪指揮官 松坂の早期復帰プランを否定≫レッドソックスのフランコナ監督が、試合前に右肩の張りで故障者リストに入っている松坂について言及。最短で12日オリオールズ戦での復帰は可能だが「現段階ではまだ肩強化とコンディショニングだけ。じっくり時間をかけて強化させる」と早期復帰プランを否定した。一方、右肩痛でリハビリ中のシリングは故障発覚後初めてブルペン入り。復帰日は未定だが、指揮官も「まだ時間はかかりそうだが、いいニュース」と喜んでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース