巨投中継ぎ陣踏ん張りクルーン今季初勝利

[ 2008年6月6日 22:36 ]

 【巨人4―3ロッテ】巨人は先発の野間口が3回で降板した後を、山口―越智―西村健―クルーンとつなぎ、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 原監督は「試合の流れが少しずつこちらにきたのは彼らの力」と救援陣の好投を高く評価。同点の10回から登板し、今季初勝利のクルーンは「加治前にとっても自分にとっても、忘れられない1日になった」と笑顔を振りまいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年6月6日のニュース