松山に聞く「60台は凄いこと」コロナで日本報道陣少なく「楽になった」

[ 2021年4月12日 03:00 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ第3日 ( 2021年4月10日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

マスターズ第3日 15番でイーグルを決めた松山英樹(AP)
Photo By AP

 【松山と一問一答】

 ――中断中は何を。
 「くだらんゲームをしたり。特別なことはしていない」

 ――15番は会心の一打。
 「キャディーに“5(I)のしっかり”って言われたので何を言ってるんだって思って打った(笑い)」

 ――初出場の時も60台(第3Rで68)で回った。
 「スティーブ・ストリッカーに“ナイスプレー”と言われたのは今も覚えている。オーガスタで60台で回るのは凄いことなんだと」

 ――子供の頃のマスターズの思い出は?
 「一番最初に見たのはタイガー・ウッズの優勝。16番のチップインもテレビで見た。その場にいい位置にいられることはうれしい」

 ――コロナで日本の報道陣が少ない分、プレッシャーは少ない?
 「言っていいのか分からないけど、このマスターズだけは凄く日本メディアの方も来てくれる。囲み取材っていう大勢に囲まれることが苦手。去年から人数も少なくなっているのは、自分的には楽になっています」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース