松山英樹 グリーンジャケットに笑顔「もっと勝てるように頑張りたい」 日本人男子でメジャー初優勝

[ 2021年4月12日 08:27 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ 最終日 ( 2021年4月11日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

グリーンジャケットに笑顔の松山(AP)
Photo By AP

 4打差の単独首位から出た松山英樹(29=LEXUS)は4バーディー、5ボギーの73で回り通算10アンダーで1打差で逃げ切り、日本人男子初のメジャー制覇を達成した。アジア勢としてもマスターズ初優勝。米ツアー6勝目。

 2打差の単独首位で迎えた18番パー4。松山はバンカーからの第3打を1・5メートルに寄せた。パーパットは外れたが、短いウイニングパットを沈めると、ボールを拾い上げ、帽子を取って大歓声に応えた。

 同組のザンダー・シャウフェレ(米国)と握手を交わし、早藤キャディーらチームの面々と抱擁。パトロン(観客)の拍手を浴びながら歩き出すと、笑顔が泣き顔に変わった。

 ホールアウト後には「朝からずっと緊張していた。最後まで緊張しっぱなしで終わった。僕が勝ったことによって日本人が変わるのではないか。僕がもっともっと勝てるように頑張りたい。18番のティーショットがフェアウェーにいったことが1番のキーポイントだと思う」と語り、優勝者に贈られる「グリーンジャケット」を前回大会優勝者ダスティン・ジョンソン(米国)から着せられると満面に笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース