松山英樹が日本人初制覇を果たした「マスターズ」ってどんな大会?

[ 2021年4月12日 08:16 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ最終日 ( ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

ウイニングパットを決めた松山英樹
Photo By AP

 マスターズは1934年に球聖ボビー・ジョーンズと実業家のクリフォード・ロバーツによって創設された。全英オープン、全米オープン、全米プロ選手権と並ぶ男子ゴルフ4大メジャーの1つで「ゴルフの祭典」と呼ばれる。メジャーで唯一、毎年同じ米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCが舞台。「アーメンコーナー」と称される11、12、13番がコースの難しさを象徴するが、アザレアが咲き誇る世界屈指の美しいコースとしても知られる。

 優勝者には「グリーンジャケット」が贈られることでも知られる。オーガスタ・ナショナルGCの名誉会員として、同コース内のみで着用できる。ただし、優勝者は翌年まではコースから持ち出すことが許されるという。歴代最多優勝はジャック・ニクラウス(米国)の6度で、2位はアーノルド・パーマー(米国)とタイガー・ウッズ(米国)の4度。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース