競馬界からも松山を祝福 ルメール騎手は早藤キャディーの“日本人らしさ”も称賛

[ 2021年4月12日 20:21 ]

マスターズを制し早藤キャディー(左)と抱き合って喜び合う松山(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフツアーのマスターズで日本人男子初のメジャー制覇を達成した松山英樹らに競馬界からも祝福の声が届いた。なかでもC・ルメール騎手は優勝した松山の早藤キャディーに対しても称賛の声を上げた。

 現在日本で活躍中のC・ルメール騎手は自身のツイッターで「History!Masterschampion おめでとごさいます」(原文ママ)と日本語を交え松山を祝福。さらに「Why do I LOVE Japan?(僕がなぜ日本を愛しているのかって?) This pic says it all(この写真が全てを語っている)」と松山英樹のキャディーが、ホールアウト後、コースに向かって帽子を取り一礼する写真にコメント。「礼に始まり、礼に終わる」という日本人の文化を称えた。

 これに対し元JRA騎手で競馬評論家の細江純子さんも自身のツイッターを更新。「まさにルメチャンのおっしゃる通り。だからわたしはルメール騎手が好き」と礼を重んずる日本人に賛辞を送ったルメール騎手に対しコメント。続けて「松山さんが偉業を成しとけだられたのは、キャディーが早藤さんだからこそもあったのでしょうね。昨日のソダシもそう。吉田隼人騎手&今浪さん北村コンビ&牧場あってこそ。美しい」と前日の桜花賞で世界初の白毛馬クラシック制覇を達成したソダシとともに、松山と早藤キャディーのコンビを称賛した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース