羽生結弦の最終目標「4Aを含めた完璧なプログラム」報ステで超大技への思い語る

[ 2021年4月12日 23:26 ]

3月の世界選手権の男子フリーで演技する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)が、12日に放送されたテレビ朝日系「報道ステーション」で、世界初の成功を目指しているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)への熱い思いを語った。

 元テニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏が、オンラインで羽生にインタビュー。新型コロナウイルスの感染拡大後、昨年末の全日本選手権後も取り組んできた4回転半について、まだ着氷はないものの「トライとしては、たぶんもう1000回を超えている」と明かした。

 高い壁を感じているのも事実だが、「胸を張って、これが最高の羽生結弦の完成形、理想の羽生結弦だってところにたどり着きたい。その中の一部が4回転半。僕らは採点競技。スポーツでありながらも、芸術をはらんでいる。スポーツとして極めたい理由でアクセル跳びたいことももちろんあるけど、芸術としてもアクセルを跳びたいっていう理由がある。最終目標は4Aを含めた完璧なプログラム。そこを表現しないと自分自身がたぶん納得できない」という目標が背中を押す。

 かつては3回転半の延長線上に4回転半の成功があるとにらんでいたが、練習を重ねるうちに気づいた。「4回転半というものは跳び方がまず違う。(3回転半とは)別物のジャンプとして考えている。やっとその段階までいけた」。まだ着氷には遠く、「本音は崩れ落ちそうな時もある」と言うが、「たぶんみなさん、そういう心が弱い時、つらい時とかって絶対ある。みんながみんな、苦しみながらも闘い抜いているので、僕も闘い抜きたい」と話した。

 羽生は15日開幕の世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)で今季最終戦に臨む。15日にアイスダンスのリズムダンス、男女のSP、16日にペアSP、アイスダンスのフリーダンス、男子フリー、17日にペア・フリーと女子フリー、18日にエキシビジョンが行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース