【速報中】松山 ついに悲願のメジャー初制覇! マスターズ最終日

[ 2021年4月12日 08:07 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ最終日 ( 2021年4月11日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

マスターズ最終日 8番でバーディーを決めた松山(AP)
Photo By AP

 今年初の海外メジャーとなるマスターズの最終日。日本人男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹(29=LEXUS)は日本時間午前3時40分に最終組でスタートした。偉業に挑戦する松山のプレーの模様を1ホールごとに速報する。

【1番パー4/445ヤード=ボギー】
 青空が広がる中、紺色のパンツに黄色の半袖シャツ姿でスタート。3Wで放ったティーショットは右の林に曲がる。第2打は木の間を抜いて、フェアウエーにレイアップ。アプローチをピン左手前10メートルと寄せきれず、パーパットがカップをなめて悔しがる。通算9アンダーに伸ばしている2位のザラトリスと1打差に。

【2番パー5/575ヤード=バーディー】
 第1打は1Wでフェアウェーを捉える。残り253ヤードからの第2打はグリーン手前のバンカーに入ったが、ピン奥1・2メートルにつけて初バーディーを奪い、バウンスバックに成功。通算11アンダーとし、3番ボギーのザラトリスら2位とは3打差に。

【3番パー4/350ヤード=パー】
 アイアンで放った第1打はフェアウエーを捉えるも、2打目は風の影響もあったのかグリーン左奥にオーバー。アプローチでピンそば60センチに寄せてパーをセーブ。

【4番パー3/240ヤード=パー】
 4Iでピン奥18メートルにオン。バーディーパットは90センチオーバー。パーパットを沈めて通算11アンダーで3打リードをキープ。同組の2位シャウフェレはボギーで3位に後退。

【5番パー4/495ヤード=パー】
 1Wでの第1打をバンカーに入れ、第2打はレイアップ。残り96ヤードの第3打はピン左奥5メートルと長いパーパットを残すも、これを沈めてナイスパーセーブ。パトロンからの歓声に右手を上げて応える。

【6番パー3/180ヤード=パー】
 8Iで右奥の難しいピンを攻めて手前5・5メートルにつける。バーディーパットはわずかに右に外れてパー。3打差リードのまま。

【7番パー4/450ヤード=パー】
 フェアウエーからの残り114ヤードの第2打をピン右1・2メートルのチャンスに寄せたが、バーディーパットは左に外れる。バーディーを逃したが表情は穏やか。2位のザラトリスが通算9アンダーに伸ばし、2打差。

【8番パー5/570ヤード=バーディー】
 第1打は1Wで310ヤード飛ばし右ラフへ。残り261ヤードからフェアウェーウッドで打った第2打はグリーン奥にこぼれる。アプローチを90センチにつけてバーディー。通算12アンダーに伸ばす。リードは3打。

【9番パー4/460ヤード=バーディー】
 フェアウエーからの残り95ヤードの第2打をピン奥から傾斜で戻して手前90センチにピタリ。2連続バーディーを奪って通算13アンダーに伸ばし、2位に5打差をつけてサンデーバックナインへと向かった。

【10番パー4/495ヤード=パー】
 フェアウエーからの残り179ヤードの第2打をピン手前8メートルに乗せる。バーディーパットは惜しくもカップのふちで止まった。

【11番パー4/505ヤード=パー】
 「アーメンコーナー」と呼ばれる難関3ホールの1ホール目。第2打をグリーン右にこぼしたが、パターでピンそば60センチに寄せてしっかりとパーをセーブした。ザラトリスがスコアを落とし、2位との差が6打に広がる。

【12番パー3/155ヤード=ボギー】
 ティーショットをグリーン奥のバンカーに入れ、第2打は5メートル強と寄らず。パーパットは左を抜けてこの日2つ目のボギー。ザラトリスら2位とは5打差。

【13番パー5/510ヤード=バーディー】
 右に曲げたティーショットが木に当たってラフに出てくる。2打目をグリーン奥にこぼすも、3打目のアプローチをウエッジで90センチに寄せてバーディー。この日2度目のバウンスバックに成功する。

【14番パー4/490ヤード=パー】
 フェアウエーからの2打目をピン手前4メートルのチャンスにつけたが、バーディーパットは一筋左に抜ける。2位の同組、シャウフェレが通算9アンダーに伸ばして4打差。

【15番パー5/530ヤード=ボギー】
 フェアウエーからの残り236ヤードの第2打が大きくグリーンをオーバーして左奥の池へ。4打目のアプローチはグリーンエッジに6ヤードショートし、パターでの第5打もショート。このホールをボギーとして通算12アンダーに後退。2位のシャウフェレが通算10アンダーに伸ばし、2打差となる。

【16番パー3/170ヤード=ボギー】
 ティーショットをピン右12メートルに乗せたが、ここから3パットで2ホール連続のボギー。通算11アンダーとし、すでにホールアウトした通算9アンダーの2位のザラトリスとは2打差。

【17番パー4/440ヤード=パー】
 フェアウエーからの第2打をピン右手前6メートルに乗せるも2パットのパー。2位と2打差で最終18番へと向かう。

【18番パー4/465ヤード=ボギー】
 ティーショットの前にドリンクを口にする。1Wで放ったティーショットはフェアウエーを捉える。第2打はグリーン右バンカーにつかまり、第3打はピン横1・5メートルへ。パーパットは外したが通算10アンダーで日本人初のメジャー制覇。パトロンからスタンディングオベーションで祝福される。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース