84歳・川淵三郎氏「血圧が180になってちょっと心配」松山英樹Vに大興奮

[ 2021年4月12日 12:38 ]

川淵三郎氏
Photo By スポニチ

 Jリーグの初代チェアマンで、日本サッカー協会会長も務めた川淵三郎氏(84=日本トップリーグ連携機構会長)が12日、自身のツイッターを更新。米男子ゴルフツアーのマスターズで日本人男子初のメジャー制覇を達成した松山英樹を祝福した。

 「松山選手マスターズ優勝おめでとうございます。この感動をどう伝えたら良いのか、僕のレベルでは言葉では表現できない。今朝も3時半から最後まで血圧が180になってちょっと心配したけど何とか持ちこたえた」と興奮冷めやらぬ様子をつづり、「1打の価値がどれほどのことか、そのためにどれだけの練習を積んできたのか、凄い!」と松山英樹を大絶賛した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース