松山 日本選手最少65で一気単独首位、4差つけ悲願メジャー制覇王手

[ 2021年4月12日 03:00 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ第3日 ( 2021年4月10日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

マスターズ第3日 18番で第3打をカップに寄せ、歓声を受ける松山(中央)。通算11アンダーで単独首位(アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション紙提供・AP)
Photo By AP

 3打差の6位から出た松山英樹(29=LEXUS)が1イーグル、5バーディー、ボギーなしとチャージ。10度目の出場で大会自己最少となる65をマークし、通算11アンダーの単独首位に立った。通算7アンダーのジャスティン・ローズ(40=英国)ら2位4選手とは4打差。1936年の日本選手初出場から、最終日を首位で迎えるのは初。松山にとってもメジャー最終日を首位で迎えるのは33度目で初めてとなった。

 雷雨接近による中断は、11番でティーショットを右の林に曲げた直後のことだった。松山は車内でゲームをしながら切り替えた。「今週一番悪いショット。これ以上はないだろう」。1時間17分の中断を経て再開のホーンが鳴ると、残り170ヤードを7Iで、目の前の松の枝をよける低い球でピンを攻めて奥6メートルにオン。これが快進撃の号砲となった。

 「悪いショットで中断したので、そのあとにグッドショットが続いたので良かった。うまくプレーできた」

 昨年1打差6位から10位に後退した3日目。11番から連続バーディーで首位を捉えた。迎えたパー5の15番はグリーン手前の池を恐れることなく、残り205ヤードを5Iでカット気味に打ち1・8メートルに2オンする。3日連続のイーグルで単独首位。この日の「65」は、01年の伊沢利光と15年の自身がマークした「66」を更新する日本人選手最少ストロークともなった。

 米ツアー5勝も、勝利は17年が最後。現状を打破すべく、今年は目沢秀憲氏(30)とコーチ契約した。「自分一人でフィーリングだけでやって、自分が正しいと思い過ぎていた。今は客観的な目を持ってもらいながら、正しい方向に進んでいる」。スタート前には目沢氏とタブレットを手にデータを確認。昨年まではなかった光景だった。

 バーディーでも内容に不満があれば感情をあらわにしていた29歳が、この3日間はパットを外しても笑顔を見せる。「あまり波を立てず、あまり怒らずできた」。11番での気持ちの切り替えも含め、適切な「アンガーマネジメント」が精神面の成長を物語る。この日の松山は3日間全選手を通じて唯一のボギーなしラウンドだった。

 85年前、陳清水と戸田藤一郎が初挑戦して以来、日本選手として初めて最終日を首位で迎える。「トップで最終日を迎えるのは初めてなので、どうなるか不思議な感じ。自分のベストを尽くしたい」。日本男子が何度もはじき返されてきたメジャーの壁。今度こそ、乗り越える準備はできている。

 《4割強が逃げ切り》過去のマスターズで、4割強は54ホールを終えて単独首位の選手が逃げ切っている。4打以上リードしていた選手が逆転された例は4度しかなく、96年に6打差を守れなかったグレグ・ノーマン(オーストラリア)が最大。2011年はロリー・マキロイ(英国)が4打差をふいにし、シャール・シュワーツェル(南アフリカ)がグリーンジャケットに袖を通した。なお、日本勢の過去最高成績は4位で、01年の伊沢利光、09年の片山晋呉が記録している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月12日のニュース