小平奈緒 2日連続で男子選手と同走「スイッチが入る感覚」 1000メートルの非公式記録会

[ 2021年2月26日 05:30 ]

女子1000メートルで滑走する小平奈緒
Photo By 共同

 スピードスケートの非公式記録会が25日に長野市エムウエーブで行われ、1000メートルで女子の小平奈緒(34=相沢病院)は1分15秒45だった。新しいブレードを試している段階で「その割には滑れた」というが、「まだまだ氷に力を伝える部分に課題がある」と強調。

 前日の500メートルに続いて男子選手と同走したことで「スイッチが入る感覚で良い刺激をもらえた」と話し、今季最終戦となる3月の青森での競技会に向け「チャレンジしたいことをやり切って、夏に向けて収穫のあるレースがしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース