柔道男子66キロ級・丸山城志郎 復帰戦は4月体重別、24年パリ五輪へ再出発

[ 2021年2月26日 05:30 ]

五輪代表決定戦で阿部一二三に敗れた丸山城志郎
Photo By スポニチ

 昨年12月に阿部一二三(パーク24)との東京五輪代表決定戦に敗れた柔道男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)が、全日本選抜体重別選手権(4月3・4日、福岡国際センター)に出場することが25日、分かった。6月開催予定の世界選手権(ブダペスト)代表入りを目指し、24年パリ五輪に向けた再出発となる。

 27歳の丸山は、日本柔道史上初の「ワンマッチ」となった五輪代表決定戦で、24分間に及ぶ死闘の末に惜敗。関係者によると、1月中旬から母校の天理大で稽古を再開しているという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース