日本は第2戦でイングランドと対戦 ラグビー23年W杯試合日程発表

[ 2021年2月26日 20:45 ]

19年W杯で8強に進出したラグビー日本代表フィフティーン
Photo By スポニチ

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は26日、23年のW杯フランス大会の試合日程を発表し、1次リーグD組で世界ランキング10位の日本代表は、9月17日の第2戦、ニースで同3位のイングランドと、10月8日の第4戦、ナントで同9位のアルゼンチンと対戦することが決まった。

 その他の2試合は、9月10日の初戦で南北米大陸予選2位と、同28日の第3戦でオセアニア予選1位と、いずれもトゥールーズで対戦することが決まった。

 WRは今回の発表に先立ち、今月23日に選手の健康、安全面を考慮し、全チームに中5日以上の試合間隔を確保すると発表。ホスト国だった19年大会を除き、過去の大会では厳しい試合日程を強いられてきた日本だが、初戦からイングランド戦までの中6日が最短。イングランド戦から第3戦までが中10日、さらにアルゼンチン戦までが中9日と、十分な調整期間が確保されることになった。

 9月8日の開幕戦では、ホスト国のフランスとニュージーランドがパリで対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース