パラアリーナ4月に再開へ 昨年10月からコロナ感染者の滞在施設に転用

[ 2021年2月26日 05:30 ]

新型コロナウイルス対策施設となっているパラアリーナ内部(提供:日本財団)
Photo By 提供写真

 日本財団は25日、昨年10月から新型コロナウイルスの軽症、無症状者の滞在施設として転用していた東京都品川区の「日本財団パラアリーナ」を4月1日からパラ選手の練習拠点として再稼働すると発表した。

 軽症者がホテルを利用するなど隔離方法も充実してきたことに加えて、パラ大会が近づいてきたことなども考慮して判断。都内で記者会見した笹川陽平会長は「選手には思う存分汗をかいて大会に臨んでほしい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース