白鵬 相撲勘戻すため2日間で60番「来て良かった」

[ 2021年2月26日 05:30 ]

大相撲春場所3・14初日

2日連続で30番とった白鵬
Photo By 代表撮影

 合同稽古の最終日が両国国技館の相撲教習所で行われ、横綱・白鵬は阿武咲を指名し、30番で20勝10敗だった。若手との白熱した稽古を終え、「私の相撲勘もまだ鈍っている部分もあるし、出るところで出なかったり、圧力かけるところで圧力かけられなかったり」と苦笑いした。

 新型コロナウイルスに感染して初場所を休場しており、相撲勘を戻すことを優先して2日間で合計で60番。たっぷり稽古して、「来て良かった」とうなずいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース