パラスキー距離男子・川除が2冠達成「重心を前にした効率の良い走りができた」

[ 2021年2月26日 05:30 ]

 パラノルディックスキーのジャパンカップ札幌大会最終日が24日、札幌・白旗山競技場で行われた。

 距離の男子ショート・フリー(7・5キロ)は前日のミドル・フリー(12・5キロ)を制した川除大輝(20=日立ソリューションズJSC)が22分0秒30で今大会2冠を達成した。川除は「重心を前にした効率の良い走りができたのは良かった」と手応えを口にした。次戦は3月15日に開幕するW杯フィンランド大会を予定している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月26日のニュース