城西大は予選会3位で2年ぶり箱根路 日本人4位・菊地主将「2区で区間賞を」

[ 2020年10月17日 12:34 ]

第97回東京箱根間往復大学駅伝予選会 ( 2020年10月17日    東京・陸上自衛隊立川駐屯地 )

スタートする各大学の選手たち(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 昨年は15位で本戦出場を逃した城西大は10時間29分37秒で3位通過し、2年ぶり16回目の出場を決めた。出場14人のメンバーに1年生を5人も起用。菊地駿弥主将(4年)や砂岡拓磨(3年)は自分のペースで走り、残りは集団走でタイムをキープした作戦が功を奏した。

 櫛部静二監督は「まずはホッとしています」と安どの表情を見せ、「今年の1年生が思いのほか勢いがあった」と布陣を説明。昨年の反省を生かし、練習では試合に合わせて力を出しきる能力を高めたほか、長い距離を多く走って不安感を払しょくすることに努めたと説明。本大会への抱負を問われると「攻めの走りをしたい。過去最高が6位なので、それ以上を目指したい」と答えた。

 菊地主将は日本人トップ選手の集団を引っ張り、先にロングスパートを仕掛けたものの、個人全体8位で日本人では4位でのフィニッシュ。「後半勝負を意識して前半はオーバーペースにならないように心がけた。周囲の顔をうかがってキツそうだったのでロングを仕掛けたが、残り200メートルで自分の体力がなくなり、勝ちきれなかった。もう少し我慢しないと。レースとしては70点」と振り返った。本大会へ向けては「2区を走りたい」ときっぱり。「日本人トップを取れなかったので、本戦では2区のエース区間で区間賞、日本人で一番を取りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月17日のニュース