合同稽古、力士らの要望で実現 花籠教習所長「前進して良かった」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

大相撲11月場所合同稽古 ( 2020年10月16日    東京・両国国技館内相撲教習所 )

記念写真に納まる合同稽古参加力士。前列左から3人目は御嶽海、後列は左から高崎親方、貴景勝、錦木、合同稽古の監督を務めた花籠親方、白鵬、勢、正代、碧山、霧馬山
Photo By 代表撮影

 出稽古禁止が続いていた中、力士らの要望によって実現した合同稽古。監督責任者の花籠教習所長(元関脇・太寿山)は「前進して良かった。部屋の違う相撲取り同士、雰囲気があるから。味わえるだけで体が引き締まってくる」と感想を語った。

 力士は初日から約2週間前の番付発表の後に稽古のペースを上げて場所を迎えるが、今回は番付発表の前に合同稽古が終わる。花籠所長は「稽古の方法は変わった。新しい形」と捉えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月17日のニュース