ハネタク、予選4位で準決勝進出 カヌー・スラロームW杯

[ 2020年10月17日 05:30 ]

 カヌー・スラロームW杯は16日、スロベニア・リュブリャナで開幕して各種目予選が行われ、東京五輪代表が出場した日本勢は男女全員が17日以降の準決勝に進出した。

 男子カナディアンシングルの羽根田卓也(ミキハウス)は4位。新型コロナウイルス感染拡大後初のW杯で、女子はカヤックシングルの矢沢亜季(昭和飛行機都市開発)とカナディアンシングルの佐藤彩乃(秋田病理組織細胞診研究センター)が出場し、男子カヤックシングルの足立和也(山口県体協)は参加していない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月17日のニュース