レスリング五輪代表・川井ら男女7選手、12月の世界選手権出場へ

[ 2020年10月17日 05:30 ]

川井梨紗子
Photo By スポニチ

 レスリングで東京五輪代表を決めている女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)ら男女7選手が、12月にセルビア・ベオグラードで開催予定の世界選手権に出場する方針であることが分かった。16日、日本レスリング協会の西口茂樹強化本部長は「帰国後の対応など、協会としての方針を検討してから最終決定する」と説明した。

 国際大会の代表派遣は今年2月のアジア選手権(インド)以来となる。男子グレコローマン60キロ級代表の文田健一郎(ミキハウス)は出場せず、12月中旬の全日本選手権(駒沢体育館)に出場する見込みという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月17日のニュース