コロナ拡大後初の全国規模、柔道講道館杯の組み合わせ決定

[ 2020年10月17日 05:30 ]

 全日本柔道連盟は16日、新型コロナウイルスの感染拡大後で柔道では初の全国規模の大会となる講道館杯全日本体重別選手権(10月31日~11月1日、千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)が2回戦から登場する。

 来年の東京五輪代表13人は男女ともエントリーしなかった。大会は新型コロナの影響で4月から延期となった全日本選抜体重別選手権を兼ね、無観客で実施される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月17日のニュース