貴景勝、調整は順調「一番いい自分をつくっていって迎えられたら」

[ 2020年10月17日 05:30 ]

大相撲11月場所合同稽古 ( 2020年10月16日    東京・両国国技館内相撲教習所 )

<相撲合同稽古初日>ぶつかり稽古を行う貴景勝(左)
Photo By 代表撮影

 大関・貴景勝は新大関・正代を指名して実戦感覚を磨いた。秋場所後初の相撲だったが、10番取っても息は上がらず順調な調整ぶり。「また11月場所へ一番いい自分をつくっていって迎えられたら」とうなずいた。

 馬力も十分で、古傷の両膝も回復している様子。二所ノ関一門を代表する看板力士は「こういう出稽古は、きちっと(コロナ)対策したうえでできていると思うので本当にありがたい」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月17日のニュース