畑岡奈紗、首位と1打差3位と好発進「ほとんど100点に近いゴルフ」

[ 2020年10月3日 02:30 ]

米女子ゴルフツアー ショップライト・クラシック第1日 ( 2020年10月1日    ニュージャージー州シービュー・ベイコース=6190ヤード、パー71 )

第1ラウンド、7番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は1イーグル、6バーディー、1ボギーの64で首位と1打差の3位と好発進した。

 64のビッグスコアを出した畑岡は「ほとんど100点に近いゴルフ。一日を通じていいショットだった」と満足そうに自己評価した。前半の12番、16番は2メートルにつけてバーディー、18番は9メートルのイーグルパットを沈めると後半も着実に伸ばした。

 大会前には拠点とするフロリダ州で小平智と2ラウンド、松山英樹とは練習を共にした。前戦のANAインスピレーション後にショートゲームの精度を課題に挙げた畑岡は「全米オープンの松山さんをテレビで見て、やっぱりグリーン周りは凄くうまいと思った」と、悩んでいる部分の指導を仰いだという。3番でグリーン左の深いラフから1.5メートルに寄せてバーディーを奪い「苦手だと思っていたことが少しずつできるようになっている」と手応え十分に話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月3日のニュース