樋口新葉、3回転半着氷「自信につながる」123・01点

[ 2020年10月3日 14:59 ]

フィギュアスケート・ジャパン・オープン ( 2020年10月3日    さいたまスーパーアリーナ )

樋口新葉
Photo By スポニチ

 フリーのみで行われ、女子の樋口新葉(明大)は123・01点をマークした。

 冒頭に挑戦したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は完璧な出来ではなかったものの、転倒することなく着氷。「跳ぶと決めていたアクセルを片足で降りられて自信につながる」と振り返った。

 勢いに乗ってルッツ―トーループの連続3回転を決めるなど序盤は絶好の滑り出しだったが、その後は3回転ループが1回転になり、最後に予定していた3回転ルッツも回転が抜けた。「次、頑張ろうかなと思うところ」と反省も忘れなかった。

 トリプルアクセルは9月13日の「ドリーム・オン・アイス」では転倒。2日のオンライン会見では「バシット決められるようにしたい」と気合を入れていた今大会で、大きな手応えを得た。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月3日のニュース