日野龍樹、フリーの“ラストナンバー”熱演で120・37点

[ 2020年10月3日 13:24 ]

フィギュアスケート・ジャパン・オープン ( 2020年10月3日    さいたまスーパーアリーナ )

日野龍樹
Photo By スポニチ

 今季か来季限りでの現役引退の意向を表明した男子の日野龍樹(中京大)が、フリーのラストナンバー「トゥルーマン・ショー」を演じ、120・37点をマークした。

 「今季で終わるか、もう1シーズン滑るか。どのみちフリーは変えない。この曲で終わりたいと思って選んだ」というプログラム。冒頭の4回転トーループなど3度の転倒はあったが、最後まで全力を尽くした。

 2日のオンライン会見では「(ジャパン・オープンに)出られると聞いた時はビックリしたし、うれしかった。そんな試合に出るからには100、120%を出さないといけない。その準備は何とかしてきたつもりなので、ジャンプがうまくいこうがそうじゃなかろうが、最後まで全力で走りきるつもりなので、応援していただけたら幸いです」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月3日のニュース