正代と一問一答 口上は「かんだらどうしようと思った」、今やりたいことは「一日中寝てみたい」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

正代 大関昇進伝達式

大関昇進が決まり、肩車されてガッツポーズする正代(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 【正代に聞く】

 ――至誠一貫はどのようにして決めた?
 「師匠と後援者の方と考えてこの言葉にした」

 ――他の言葉は?
 「大学の校訓だったり、考えた」

 ――口上の練習は?
 「夜遅くまで口ずさんでいた。かんだらどうしようと思った」

 ――伝達式には両親も駆け付けた。
 「親孝行もそうだし、こういった形で恩返しすることができて良かった」

 ――相撲で磨いていきたいところは?
 「もう少し前傾に。もう少し腰も下ろせたらなと。癖になっている部分もあるので修正していけたら」

 ――地震や豪雨被害に遭った熊本への思いは?
 「自分ができることは多くないが、大相撲で活躍する姿を見ていただいて、元気になっていただけたら」

 ――今やりたいことは?
 「一日中寝てみたい。最近は朝早く起こされることがあるので目覚ましもかけずに寝てみたい」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース