柔道・五輪女子57キロ級代表の芳田 延期も前向き自粛期間中はイメトレ「一日一日を大切に」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

柔道東京五輪女子57キロ級代表の芳田
Photo By スポニチ

 柔道の東京五輪女子57キロ級代表の芳田司(コマツ)がオンライン取材に応じ、「9月からマスクを外して乱取りを再開した。一日でも早く試合に復帰できるように準備している」などと現状を明かした。

 自粛期間中は小学校時代の試合のビデオから見返して自己分析。海外の強豪選手との試合をイメージトレーニングするなど時間を有効活用し、「(五輪延期は)準備期間が延びた。いいイメージしかない」という。左手中指のほか複数のケガの不安も現在は解消。「五輪があると信じて準備するだけ。一日一日大切に過ごしていきたい」と前向きに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース