ドラコン女王挑む!笹生 日本女子ツアー最長コース「楽しむ」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

<第53回日本女子オープンゴルフ選手権・練習日>キャディーと笑顔で話しをしながらラウンドする笹生優花(右)
Photo By 代表撮影

 女子ゴルフの今季メジャー第2戦、日本女子オープンは1日に開幕する。舞台は88年のツアー制度施行後、パー72で史上最長となる6761ヤードが設定されたザ・クラシックGC(福岡)。年に1度のドライビングコンテストで270ヤードを飛ばし、新女王となった笹生優花(19=ICTSI)は「距離も長いし、ラフも長い。フェアウエー(キープ)をミスしたら難しくなる」と警戒した。

 この日は18ホールを回り最終調整。選手が口々に「ボールが沈む」と言うラフが、両サイドに待ち受ける。フェアウエーキープ率は全体57位の53・25%。状態は「まあまあ」という1Wの精度が鍵を握る。「凄くヒストリーがある大会。楽しんでやれたら」。持ち前の飛距離を武器に、今季3勝目となるメジャー初戴冠を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース