コロナ集団感染で秋場所全休 玉ノ井部屋力士の番付据え置き

[ 2020年10月1日 05:30 ]

 伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は番付編成会議で、新型コロナウイルスの集団感染により秋場所を全休した玉ノ井部屋の力士28人について、番付を据え置く異例の判断をしたことを明らかにした。

 伊勢ケ浜部長は、「休みたくて休んだわけではない。今回は、コロナがあったので」と説明した。インフルエンザによる休場は番付に影響するが、「インフルエンザは薬もあるし、予防接種も受けられる」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース