正代の晴れ姿に…代行出席の枝川親方「率直にうれしい」 急性すい炎で師匠の時津風親方は欠席

[ 2020年10月1日 05:30 ]

正代 大関昇進伝達式

大関昇進の伝達を受ける正代(中央)。左は時津風親方夫人の美由紀さん、右は枝川親方(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 急性すい炎のため師匠の時津風親方(元幕内・時津海)が伝達式を欠席。部屋付きの枝川親方(元幕内・蒼樹山)が代行で出席した。

 前夜に連絡を受け「急に言われて緊張した」というが、正代の晴れ姿を間近で見て「率直にうれしい。よくやってくれた」と喜んだ。

 時津風部屋おかみさんの美由紀夫人によると、時津風親方は29日午後2時ごろに腹痛を訴え、すい臓に炎症が起きていたため午後10時半ごろに内視鏡手術を受けた。医師には「明日(30日)まで放置していたら大変だった。重篤な状況」と説明を受けたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース