桐生 男子100メートル日本選手権Vだ!新スタートに意欲「高さと幅を変えた」

[ 2020年10月1日 05:30 ]

陸上・日本選手権 ( 2020年10月1日    新潟・デンカビッグスワンスタジアム )

陸上の日本選手権男子100メートルに出る桐生祥秀は前日練習でスタートを確認する(写真提供:フォート・キシモト/日本陸上競技連盟)
Photo By 提供写真

 男子100メートルは1日に予選と準決勝、2日に決勝が行われる。6年ぶり2度目の優勝を狙う桐生は「スターティングブロックの高さと幅を変えたので試したい」と新スタートに意欲。10秒0台を4回出している絶好調の今季は、中盤以降に重点を置いているため「20メートルまでが速くない」と課題があるという。

 この日は、サブトラックでの練習で変更点を確認し「優勝を狙いたい」と力強かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース