陸上・日本選手権 女子100メートル前年女王の御家瀬、ヒヤヒヤ予選突破

[ 2020年10月1日 15:22 ]

陸上日本選手権第1日 ( 2020年10月1日    新潟市・デンカビッグスワンスタジアム )

御家瀬緑
Photo By スポニチ

 女子100メートルは前年覇者の御家瀬緑(19=住友電工)が予選組3着の11秒84で準決勝に進んだ。

 連覇を目指す19歳がヒヤヒヤ発進だ。2着以内の着順ではなく記録で予選を突破。昨年の日本選手権で29年ぶりの高校生女王となった次世代のホープは、北海道・恵庭北高校を卒業して今年4月に住友電工に入社した。「変化の多い年になるので、社会人としての基礎をつくる1年」と見据えていたシーズン。連覇へ準決勝で巻き返しを図る。

 9月の日本学生対校選手権で日本歴代3位の11秒35をマークした兒玉芽生(福岡大)が、11秒50でトップ通過した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース