内山 初の全仏本戦は初戦敗退…自身初の4大大会2回戦進出ならず

[ 2020年10月1日 05:30 ]

全仏オープンテニス第3日 ( 2020年9月29日    パリ・ローランギャロス )

全仏オープン男子シングルス1回戦でバラージュ(右)に敗れた内山
Photo By 共同

 シングルスで初めて全仏本戦に臨んだ内山は、初戦でストレート負けした。第3セットは攻撃的なテニスを展開し、第10ゲームでセットポイントを握ったが、生かせなかった。

 4大大会は4度目の出場で全て初戦敗退。前哨戦のイタリア国際で腰を痛めたが、言い訳にはせず「対応力やプレーの幅が劣る。もっとプレーの幅や相手の嫌がるプレーを身につけていければ(4大大会初勝利へ)チャンスは広がる」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月1日のニュース