アキレス腱断裂の寺本明日香 五輪代表選考会出場目指す、田中強化本部長が明かす

[ 2020年2月9日 17:47 ]

寺本明日香
Photo By スポニチ

 体操女子の第一人者で左アキレス腱を断裂して7日に手術した寺本明日香(ミキハウス)が東京五輪代表選考会の出場を目指していると日本体操協会の田中光女子強化本部長が9日、東京都内で行われた全国代表者会議で明らかにした。最終選考会を兼ねる6月の全日本種目別選手権(高崎アリーナ)に出場できれば「(代表入りの)可能性は厳しいが、ゼロではない」との認識を示した。

 五輪2大会代表の24歳の寺本は全治までに数カ月を要するとみられる。団体総合とは別に個人での五輪出場枠が懸かる3、4月のワールドカップ(W杯)シリーズ出場は難しく、補欠の村上茉愛(日体ク)が出場する方向で調整する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月9日のニュース