×

男子60キロ級・永山 決勝進出 柔道のGSパリ大会

[ 2020年2月9日 05:30 ]

男子60キロ級準決勝 トルコ選手(下)を破り決勝進出の永山竜樹
Photo By 共同

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会第1日は8日に男女計7階級が行われ、8日に男女計7階級が行われ、男子60キロ級で世界ランキング1位の永山竜樹(了徳寺大職)は初戦の2回戦から4試合を制し、決勝に進んだ。

 女子では63キロ級の鍋倉那美(三井住友海上)と48キロ級の古賀若菜(福岡・南筑高)が準決勝に進出。52キロ級で17年世界女王の志々目愛(了徳寺大職)、57キロ級の玉置桃(三井住友海上)、63キロ級の土井雅子(JR東日本)はいずれも準々決勝で敗れ、敗者復活戦に回った。男子の73キロ級は17年世界王者の橋本壮市(パーク24)が準決勝に進出。66キロ級で五輪2大会銅メダルの海老沼匡(パーク24)は準々決勝で敗れ、敗者復活戦に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年2月9日のニュース