貴景勝“新旧大関”対決を制す 揺るがず1差ピタリ11勝「14日目も集中」

[ 2020年1月25日 05:30 ]

大相撲初場所13日目 ( 2020年1月24日    両国国技館 )

高安(左)を攻める貴景勝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 貴景勝が高安との“新旧大関”対決を制した。高安の強烈なかち上げで始まった激しいど突き合い。張り手も食らって鼻から血を流した大関はひるむことなく攻めて11勝目を挙げた。「内容については夢中でやっているから具体的なことは答えられない」。

 トップ2人の勝利を見て土俵に上がっても気持ちは揺るがない。優勝争いに踏みとどまり、「今日もケガなくやり切れたことに感謝して14日目も集中して頑張る」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月25日のニュース