高橋尚子さん、注目は「自由」MGC3位・小原の動き 26日号砲大阪国際女子マラソン

[ 2020年1月25日 12:30 ]

大阪国際女子マラソンの見どころを語った高橋さん
Photo By スポニチ

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(47)が25日、大阪市内で取材に応じ、26日号砲の大阪国際女子マラソンでMGC3位の小原怜(29=天満屋)がレースを動かしていくと予想。高橋さんは「フラットに見たときMGC3位の立場は自由に動けると思う。小原さんの動きに日本人選手がどう対応するのかに注目したい」と展望した。

 高橋さんは大阪国際女子マラソンのテレビ解説を担当。五輪代表最後の1枠を決める2時間22分22秒の設定記録について「選手の顔ぶれを含めて突破は十分可能」と好レースを期待した。

 高橋さんは大阪国際女子で初マラソンを走ったほか、大学時代も大阪で過ごすなどゆかりも深い。初マラソンで特に印象的だったというのが大阪ならではの声援だという。沿道から「何でそこで離れとんねん!」とゲキが飛んだ事も経験した。「愛のある叱咤だと思っていた。突っ込みたくなるような掛け声を掛けてもらった」と苦笑い。切れ目のない声援が力になったともいい「(ペースが)落ちたあとでも立て直しができる。頑張らないとと思って切り替えもできた。大阪国際女子は他ではないようなレースでした」と振り返った。

 厳しい選考レースを戦い抜いた高橋さんだからこそ、東京五輪代表選考会を兼ねる大阪国際女子マラソンを走る選手たちの気持ちが痛いほどわかるという。「五輪には行けたときもあれば、行けなかったときもある。両方の思いを経験した。明日人生が変わる選手もいる。そういう姿を見守ってもらいたい」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月25日のニュース