女子200Mバタ大橋V 男子100M背泳ぎは入江30歳バースデーV

[ 2020年1月25日 05:30 ]

競泳 北島康介杯第1日 ( 2020年1月24日    東京辰巳国際水泳場 )

女子200mバタフライで優勝した大橋(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 19年世界選手権女子400メートル個人メドレー銅メダルの大橋悠依(24=イトマン東進)が200メートルバタフライに出場し、2分8秒78で優勝した。

 男子200メートル自由形は昨夏の世界選手権銀メダリストの松元克央(22=セントラルスポーツ)が自身の日本記録に0秒60差と迫る1分45秒82で優勝し、萩野公介(25=ブリヂストン)は1分52秒19で10位だった。男子100メートル背泳ぎでは入江陵介(イトマン東進)が自身30歳の誕生日に日本記録に0秒35に迫る52秒59で優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月25日のニュース