大坂なおみ、全豪連覇の夢消えた 「鬼門」3回戦で15歳新星ガウフに完敗

[ 2020年1月25日 05:30 ]

テニス全豪オープン第5日 ( 2020年1月24日    オーストラリア・メルボルンパーク )

全豪オープン3回戦でガウフ(左)に敗れ、抱擁をかわす大坂
Photo By 共同

 女子シングルス3回戦で、昨年女王で世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)は世界67位のコリ・ガウフ(15=米国)に3―6、4―6で敗れた。試合時間は1時間7分。昨年の全米オープン3回戦ではストレート勝ちしていたが、2度目の対戦で雪辱を許した。4大大会では年下相手に7戦目で初黒星。“鬼門”の3回戦を突破できず、史上9人目の連覇の夢はついえた。

 突如、崩れた。お互い一歩も譲らずに迎えた第1セット第8ゲーム。自身サービスの15―0の場面で、大坂の強烈なスマッシュはサイドラインを割った。そこからミスを連発して初ブレークを許すと、その後はペースダウン。第2セットは第1、7ゲームをブレークされ、あっさり敗れた。昨年全米3回戦で1時間5分で下した相手に1時間7分で完敗。史上9人目の連覇を逃し「私にはまだ、女王のメンタリティーがない」とうなだれた。

 ベースラインから下がらない相手の力強い返球に苦しみ、安定感が武器のバックハンドも精度を欠いた。凡ミスは相手の17を大きく上回る30を数え、年下との対戦は4大大会では7戦目で初黒星。15歳に負けたショックは大きく「相手の年齢は関係ない」としながら「15歳に負けるのはつらい」と矛盾する発言もあった。公式会見中もぼう然として質問を聞き逃し「集中していなかった」と釈明。「昨年より攻撃的でサーブも良かった」と急成長中の相手の実力を認めるしかなかった。

 グランドスラムで最低勝率の3回戦は4勝9敗となり、鬼門突破はならなかった。今大会後に昨年全豪で得た2000ポイントを失うため、現在4位の世界ランキングは9位以下まで下がる見通しだ。昨年12月から契約するフィセッテ・コーチとのコンビで臨んだ初の4大大会で結果を残せず「ウィム(フィセッテ)に申し訳ない。正直、どこが問題なのか分からない」と厳しい表情を浮かべた。昨年は世界ランキング1位の座にも就いた元女王が厳しい局面を迎えている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月25日のニュース